STOMPGRIP 貼付け

2015/11/16

20151115-DSC_5314

バイクが納車される前の1ヶ月の土日は毎週晴れてたのに、
納車後は2週連続で雨…なんて日だ!

そんな日はバイクを眺めたり弄ったりするに限るという訳で、またタンク周りにぺたぺたと貼付けます。

 

STOMPGRIP ストンプグリップ

20151115-DSC_5310

今回のアイテムはSTOMPGRIPというタンクサイドに貼付ける傷防止+滑り止め用製品です。
MotoGPライダーも愛用しているとかしていないとか、私はCBR400Rの時も使用していましたが、初めてCBR1000RRに跨がって走り出したときまず最初に買うべき物はストンプグリップだなと思うほどでした。

私の場合は、バイクに乗る時の服装が9割ジーパンなのでどんなに膝で挟み込んでもブレーキをかけると滑ってしまいました。400Rの時はポジション自体楽でしたので普段走行している時にそこまでニーグリップを意識する事はありませんでしたが、1000RRでは普段からニーグリップをしっかりしないとお尻がツルツル滑ってしまいポジションが安定しません。

とても有名なので今更言うまでもありませんが、似たような悩みを持つ方には是非オススメしたいです。

 

貼付ける前に…

まだ納車されて2週目で平日は一切乗れないのであまり車体すら見れていませんが、そういやタンクって400Rと違って樹脂のカウルで覆ってあるんだよな…と思い出し、ちょっとどうなっているのか中を覗いてみる事にしました!

かぽっ

20151114-DSC_5300

サイドの小さいカバーとシートを外し、後端のボルト2本と前側サイドのボルト2本を外して、少し広げながら持ち上げると簡単に外れます。

20151114-DSC_5302

そもそも何故タンクカウルになっているのでしょうか?
他の大型バイクもこういう構造になっているのか…気になります。

 

そして驚いたのがコレ

20151114-DSC_5305

バイクの癖に吸音材が貼ってあるやないかい!
しかしこんなタンクの前側ちょっとだけに貼って何か効果があるのでしょうか…?笑
単純にエンジンむき出しで音なんてだだ漏れなのにここにこれを貼る理由が知りたいです。

 

STOMPGRIP 貼付け

そしてそしてようやく貼付けです。大雑把なので一瞬で終わります。

20151115-DSC_5311

適当に位置決めして目安貼ってー

20151115-DSC_5312

ぺたっ 終了です!

気泡が入らないようにある程度慎重にやる必要がありますが、貼付け時点で完璧にやる必要はありません。400Rの時は気泡だらけで大失敗しましたが、乗ってる内に気付いたら空気は全て抜け出て行きます。

ちなみにCBR1000RR用は2ピースになっていまして、

20151115-DSC_5313

クリアはタンク部分で、サイドの樹脂カバー部分は黒の小さい物を貼付けます。

しかし今回はこの部分に関しては使用しませんでした。
位置合わせをして何度か跨がってみましたが、どう頑張ってもこの部分まで膝が届かない!
ダサいとは思いませんが、かと言ってこのイボイボがカッコイイとも思いませんので膝の届かない部分は貼りませんでした。

公式ページによると完全に固着するまで72時間必要との事ですので、まだ貼付けてから走っていませんが、ニーグリップがし易くなって疲れにくくなっているはずです!

 

↓貼付け後大きな画像

20151115-DSC_5322

 

という訳で、今回もカスタムと言える程の内容ではありませんが着実に自分仕様になりつつあります。今後のカスタムの方向性は「CBRツアラー化計画」とでも銘打ってやっていきたいと思いますが、最終目標は何と言っても「日本一周」です。

日本一周についてはこのブログの1つ目か2つ目の記事で触れましたがその後音沙汰無しで、実際計画もあまり進んでいません。しかし来年の4月頃を目標にというのは変わらず、様々なハードルはありますがそこを目標に進めていきます。

実際の所、日本一周を目的とするならばCBR400Rの方が良かったんじゃないか?と思います。
燃費も良いし、ポジションは楽で疲れにくいし、積載もまだ何とかなります。1000RRが納車されてから数回しか乗っていませんが日本一周するならば間違いなく400Rの方が良かったです。
客観的に見るとそうなのですが、これはバイクなのです!趣味の乗り物なのです!実際の使い勝手なんて二の次、後々泣きを見る事になるかもしれませんが、

 

好きなバイクで走る。それが一番の目的だ!

 

どこぞの漫画で言ってました、「バイクは馬鹿にしかのれん」

そう!そうだ!馬鹿になろう!

そもそも馬鹿じゃなきゃ仕事辞めて日本一周なんてしないんだよ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。