霧降高原ツーリング

2015/11/22

20151121-DSC_5340

週末ツーリング記録
今週は霧降高原道路へ行ってきました。

その前に出発前のプチカスタムからいきます。

ちなみに今回の記事より画像サイズを見直しています。

 

タンクキャップ・ボルトキット

何が商品名で何がメーカー名なのかよく分かりませんが、JPモトマート(デュラボルト)タンクキャップ・ボルトキットという物をwebikeで適当にぽちりました。

20151121-DSC_5325

バイク購入時にはタンクバッグ用のサポート金具が付いていましたが、当然バッグはありません。
なので取り外すしか無いのですが、純正のボルトを交換してタンクキャップと共締めしてあったため外すとボルトが4本足りなくなってしまいました。

そのため純正用を追加購入しようと思いましたが、せっかくなのでオシャレにカラーボルトに交換する事にしました。

↓装着画像

20151121-DSC_5326

完全に自己満足ですが、オシャレでいいじゃない!

ボルト自体が3,000円くらいしたので今回のような理由が無いと変えていなかったと思います。
ちょっと高い。

 

霧降高原道路

ボルトを交換し11時頃になってしまい特に行き先も決めていなかったため、近場で行った事の無い良い道無いかなーと思い探した所ヒットしました霧降高原!

バイクブロスの名道50選にも入っていて写真を見ても良い感じです。
恐らくは新緑の季節か紅葉の季節がいいのでしょうが、もう日光周辺の紅葉は終わってしまっていますので人間慣らしパート2として適度に走りを楽しめそうな道を選択しました。

そして!見事にバイクの写真を撮りませんでした。
霧降高原道路自体もgoproで撮影した動画はあるのですが、編集するのも切り取るのもちょっと面倒…。という訳でせっかくの名道ですが特に写真がありません…。

宇都宮を出発して下道で日光街道を進んで霧降高原を目指します。

いきなりですが、霧降高原レストハウスへワープします。

20151121-DSC_5331

ここは霧降高原道路に入って割とすぐの所にあるのですが、ちょっと寄ってみた所ハイキングコースがあり山頂?の展望台へと続いていました。
帰りにバイク乗るのがしんどくなるので迷いましたが、ちょっと登ってみる事にしました。

ちょっと…

20151121-DSC_5341

キツイ!

小さい子供がいる家族連れやお年寄りの方などスイスイ登って行きますが、運動不足デスクワークマンの自分には無理ですこの段数と傾斜…。

20151121-DSC_5337

先が見えている事で良い事もあるが悪い事もある。階段の終わり見えないじゃん!

途中何度も何度も休憩し40分かけてようやく

20151121-DSC_5348

めちゃくちゃキツいです。

絶対に寒いのに汗だくになりながらなんとか登りきりました。

そして階段を登りきった先にある小丸山展望台からの景色

20151121-DSC_5345

20151121-DSC_5343

紅葉も終わってしまっているので味気ないですが、結構いい景色です!
日勝峠からの十勝平野の眺めを少し規模を小さくした感じ

登りきってから気付きましたが登山家のようなフル装備の人がやたらいましたが、この階段は入り口で恐らくこの先が本番なのでしょう。

20151121-DSC_5346

恐らくあの山頂の方が目的地

当然これ以上は無理なので登ってきた階段をひたすら降ります。
そしてここからは特に写真も無いので特筆すべき点もありませんが、霧降高原道路をグルッと走って鬼怒川温泉街の方を通って下道で宇都宮まで帰ってきました。

ちょうどいい距離で疲れたら高速もあるので近場の良いツーリングコースを発見出来ました。

 

走行距離:148km
平均燃費19.7km/L


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。