ステッカーチューン

2016/03/19

20160319-DSC_5932

私のCBR1000RRちゃんには何かが足りない…最近ずっとそう思っていました。
デザインもカラーリングも何も文句はありません、では一体何が…。

MotoGPシーズンに入りテストリザルトの写真を見ている時に気が付きました。

「スポンサーステッカーだ!」

という訳で、今回はみんな大好きステッカーチューンのお時間です。

 

アンダーカウル

まずはやはりここでしょう!
ワークスマシンのようなルックスに近づける為にアンダーカウルをカスタムします。

20160307-DSC_5848

ステッカーについては、ヤフオクで2500円で購入しました。
自分でも作成できそうですし、どこかの誰かが自分で作成したものを格安で売っているんでしょうが、自作の手間を考えると2500円は安いと思います。

RCV211セットとなっていましたので、8耐仕様のこのトリコには厳密に言えば合いませんが、誰も気付かないでしょう笑

という訳で、まずはアンダーカウルを取り外して脱脂します。

20160307-DSC_5852

マスキングテープで仮止めして位置決めをします。

20160307-DSC_5855

えいやーで貼ります。

20160307-DSC_5857

20160307-DSC_5860

えいやー!

酔っぱらった状態で作業をしたので結構曲がってますが、実車に組み付ければどうせ分からんだろ!とざっくり作業です。

 

組み付け状態の写真がこちら

20160319-DSC_5915

ワークスマシンを参考にスイングアームにも貼ってみました。

反対側アンダーカウル

20160319-DSC_5935

 

全体像

20160319-DSC_5920

かなり良い感じにワークスマシンっぽい雰囲気が出てきました!
結局巨大なシートバッグやサイドバッグを付けると台無しなんですが、今回は満足度が高いですし、コスパも最高です。

 

リムステッカー

上の写真で既に見えていますが、リムステッカーも追加しています。

20160319-DSC_5919

20160319-DSC_5917

赤ラインにCBRの文字入りデザインリムステッカーです。

ヤフオク等で検索すれば、すぐに出てきますが、こちらのデザインリムステッカーを400Rの時から使用しています。
ただのラインタイプのリムステッカーや純正で言うと無限ロゴ入り等ありますが、ド派手なリムステッカーが色々あり、目立ち度抜群で気に入っています。

まだステッカーが大分余っているので、サイドカウル辺りを中心にどうしようか考え中です。

 

という訳で、今回はステッカーチューン日記でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。