長距離ツーリング用の積載を考える

2016/01/11

DSC_3629

バイク乗りの永遠の悩み、それが積載である。

トップ写真はCBR400Rの時に、北海道へ帰省ツーリングをした際の装備になります。
実家という寝床があるのでキャンプ用品が必要無ければこの程度でも何とかなります。
ちなみにキャンプに行く時はシートバッグをホムセン箱へ変更して無理矢理積載量を確保していました。

ホムセン箱は旅バイクっぽくて良いなとか思っていましたが、高速なんかに乗ると非常に不安でしたので個人的には箱を付けるならちゃんとした物を付けた方が良いと思います。

出来る限りこの装備を1000RRにも引き継ぎたいと思っていたのですが…

 

サイドバッグが付かない!

シートバッグとサイドバッグは使えるだろうなと思っていたのですが、1000RRのフェンダーレスのせいでウィンカーが完全に干渉してしまいサイドバッグが付かない事が今更判明しました。

20151206-DSC_5403

サイドバッグはDEGNERの多分コレ
シートバッグはBAGSTERのコレ

そして見事なガチ当たり…。

無理矢理あたらない位置まで前方へずらすと、

20151206-DSC_5405

20151206-DSC_5409

ほぼ座る所がありません。

普段のライポジならこれでも意外と何とかなりそうでしたが、長距離は恐らく無理。

となると選択肢としては、

  1. 純正フェンダーを購入しナンバーベース自体を後方へオフセットさせる
  2. フェンダーレスはそのままに自作ステーを制作しウィンカーのみ移動
  3. こんな物を使用して省スペース化

くらいしか思いつきませんでしたが、基本的には3番目のLEDウィンカーを使用してフェンダーレスのままサイドバッグも装着する事を目論んでいました。

しかし、気になるのがウィンカーの視認性です。

試しに現状のフェンダーレスのままウィンカーだけ取り外して確認してみると…

20151206-DSC_5411

20151206-DSC_5413

かなり綺麗に収まってるけど綺麗に収まりすぎていて斜め後方からの視認性も絶望的…?

そして恐らく長距離ツーリングの時はシートバッグも大型の物に交換し、こんな感じで更に完全に囲われてしまいそうです。

20151206-DSC_5415

これは悩むまでも無くダメでしょう笑

となるとフェンダーレスから純正に戻すか、自作ステーでウィンカー移動するか…。

ホムセンで金具類を揃えようとすると意外と高価になったりするので、ヤフオクで安い純正品でも探して純正戻しがベストかなと考えています。

そして積載量を増やすためにさらにキャリアとトップケースを追加しようと考えていましたが、結構高い!元々の日本一周計画クラスの長期旅であれば迷わず導入していたでしょうが、現在の縮小計画ではそこまで必要ないかと思います。

不安があるとすればトップケースが無いと防水性に乏しいという事くらいでしょうか。

積載はこれにタンクバッグを追加すればとりあえず完成かなと思ってます。

縮小に次ぐ縮小でここまでの積載すら必要無くなるかもしれませんが笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。