CBR比較あれこれ①

2015/11/27

20151108-DSC_5291

CBRを購入し早くも1ヶ月
年末も目の前に迫りバイク乗りには辛い季節になってきましたが、
納車から1ヶ月まだまだ乗ります!凍結していない限りは春まで乗り続けます!

そんなこんなで1000RRにも大分乗って自分慣らし期間も十二分に済んだので、そろそろ400と1000の比較をしてみたいと思います。

 

1000RRと400Rどう違う?

CBR400R等の400クラスのフルカウル購入層は、いずれは大型のスーパースポーツに乗り換えと考えている方が多いのでは無いかと思います。自分も400Rに不満は一切ありませんでしたが、いつかはメーカーのフラグシップ機にという気持ちが強くありました。

各社現行400クラスのフルカウルはアップハンドルでツアラー寄りですが、スーパースポーツとなるとハンドルは低くてステップは高くて窮屈なスポーツタイプです。
バイクに乗らない人が見ると似たような物だと今でも思いますが、実際は全くの別物です。
私はそういった理由で二の足を踏んでいました。キャンプや下道ツーリングが主な用途でしたので尚更です。

そんな私から見る1000RRと400Rの長所短所を羅列していきます。

 

走行性能

せっかく大型バイクを買ったので圧倒的優位性のある項目から。

とにかく1000RRはヒラヒラと曲がります、というか曲がってくれます。
自分自身は何も変わっていないのに、まるで上達したかのようにさえ思わせてくれます。
先週霧降高原道路に行った際に気付きましたが、400Rではハンドルを切って曲がっているような感覚でしたが今現在はゆっくり走っていても気持ち良くバイクを倒せます。
というよりもそれが正解であって自然にそうさせてくれるようなそんな感覚です。超楽しい!

そして「走る・曲がる・止まる」の基本性能が高い乗り物は間違いなく楽しいです。
色々な要素があり一概にスーパースポーツが優れている訳では無いという事は分かっていますが、「意のままに操れる一体感」これがあるか無いか、そこがツアラーとスーパースポーツの差であり、乗用車とスポーツカーの差だと思います。

ちなみにブレーキについてですが、
私のCBR1000RRは購入時より前後のキャリパーが交換されていました。

20151108-DSC_5286

20151108-DSC_5287

そう!bremboです!

前オーナーさんが付けたもので、純正との比較が出来ないので正直性能面では優れているのか分かりませんが多分止まります!気分的には止まります!

価格的に自分では決して導入できないようなパーツですが、車の真っ赤なブレンボキャリパーに憧れていたので付いているだけで満足です。

ついでにフルパワー化もされているようです。
未だに購入してからどこが弄ってあるのかしっかり確認していないので、フルパワー化がどこまでの事を指すのか分かっていませんがとりあえずフルパワー(多分)です。

 

デザイン・ポジション

かなり大雑把ですが横からのVIEWでデザインとポジション比較

CBR1000RR
20151108-DSC_5277

CBR400R
DSC_5099

サイズ(全長x全幅x全高[m])は、
CBR1000RRが2.075×0.680×1.130、CBR400Rが2.075×0.740×1.410と諸元値では400Rの方が大きいです。実際はこのサイズの中にぎっちり詰まっているのが1000RRなので乗ると大きく感じますが、バイクを知らない人からすると並べてあるとどっちが大型か分からないかもしれません。

というより悲しい事に1000RRは大型と見られないかもしれません笑

ポジションは見ての通りのステップ位置とハンドル高さの差があります。
慣れてしまえば1000RRがキツい訳ではありませんが、400Rから乗り換えた当初は正直な所、「やってしまった…キャンプとか無理じゃん…」という気持ちで一杯でした。
実際は慣れてしまえば、特別ポジションがキツいと感じなくなりましたが、下道で200〜300kmくらい走ると首が少し痛くなりました。むしろこれだけ走れれば十分かなと思います笑

ポジションの違いによる影響で言うと、エンジンの熱の受け方も大きく違います。
そもそも400Rとでは熱量自体全く別物なのですが、それに加えて覆い被さるような前傾姿勢の影響で排熱を一身に浴びているような気がします。
11月だといい暖房器具になりますが、これが真夏だと…考えるだけで来年の夏が恐ろしいです。

おまけ逆サイド

20151108-DSC_5279
DSC_5082

デザイン的には1000RRの方が、リア周りがスッキリしていて(フェンダーレスを除いても)、スイングアームやメインフレームがマッチョなので剛性感が強いです。
個人的には1000RRのこの年式のトリコロールがお気に入りですが、400Rもかなり好きです。
やっぱり400のデザインは新型より現行の方がいいな!と個人的には思います。

その他

20151108-DSC_5280

20151108-DSC_5281

特に詳しくないので写真を並べるくらいしか出来ませんが、太いタイヤを見ると大型だな!と思えて非常にカッコいいです。タイヤ見ながらビール2、3本いけそうです。

 

マフラー・排気音

住宅街の駐車場でエンジンぶん回すと非常に迷惑なのであまり参考になりませんが、動画を撮ってみました。400Rは以前純正マフラーと社外とを比較した記事がありますのでこちらをご覧ください。

 

マフラーはTSRのレーシングスリップオンが装着してあります。
ほとんど回してないので動画だとよく分かりませんが、かなりいい音です!単体で見ると正直うるさすぎるかな?と思いましたが車検対応ですし、他の爆音大型バイクと比べて相対的に見るとうるさくないからオッケー!という結論に至りました。

純正マフラーだった場合は、このTSRのマフラーを購入しようと思っていたのでブレーキや色々なカスタムなど含めて非常にお得な買い物だったと思っています。

しかしやはりこの音がカッコいいと思ってるのは乗ってる本人くらいで、ご近所さんからしてみると騒音バイクと思われてしまうでしょうから極力気を使っています。
基本は土日ツーリングで出発も早朝なので尚更なのですが、目の前に大きな国道があるのでそこまで押して行ってからエンジンをかけたりしてます。とりあえずこれが今できる最大限の配慮です。

正直400RのTBRマフラーも大概だったけどな!

 

という感じで写真が尽きたのでCBR比較あれこれ①はこの辺でおしまいにします。
②があるのか分かりませんが、同じようにCBRからCBRへの乗り換えを検討している方に少しでも参考になればと思います。

以上!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。