GoProマウントを考える

2016/01/24

20160124-DSC_5475

400Rに乗ってる頃は自分の記録用にやたら凝っていた車載動画

1000RRになってからはめっきり撮らなくなりましたが、
その理由の一つにマウントの問題があります。

 

まずはステムマウント追加

何はともあれまずはステムマウント追加
使用したのはデイトナのマルチバーホルダーとステムマウントキットです。
ステムマウントキットはCBR1000RRのステムホール径に適合するものがありませんが、φ20のものを購入しホームセンターで売っているゴム系の材料を巻いて1000RRでも使えるようにしています。加工せずに使える物も売っていましたが値段が高かったため、差額をケチりました。

という状態がトップの画像になります。

実際はGoProマウント云々よりスマホナビが使いたかったためにマウントベースを設置しました。

 

マウント位置と画角

元々400Rの時にもステムマウントを使いGoProで動画を撮影していた為、今回も同じようにすれば問題無いと考えていましたが…

20160124-DSC_5486

まずは単純につけてみます。

作業の邪魔になるためスマホナビケースは取り外してありますが、位置的に写真のようにカメラ位置を前側に出さないとケースが映り込むため、このような配置になっています。

ハンドル周りが随分ごちゃごちゃして汚いのが気になりますが、SSはとにかくスペースが無いので努力した所で無理だろうと言い聞かせています…笑

とりあえず前と同じでこれでいいだろ!と思っていたものの実際写りを確認してみると…

青い!画角的にもかなり圧迫感があり良くない感じ…

そこでとりあえずスマホの映り込みは置いといてマウント上で直立させてカメラ位置を少し後ろに下げてみる

20160124-DSC_5489

DCIM100GOPRO

どうやらあまり効果がない模様…
というかこの青シールドダメじゃないか…このままの位置でクリアシールドに買い替えても良いかもしれませんが青いのがカッコイイのでお金をかけてクリアに戻したくない!ので、とりあえずこれを使ったまま下げれる所まで下げてみます

20160124-DSC_5492

20160124-DSC_5494

この位置だと写りはこんな感じに

意外といけそう、いけそうだけど青シールドはやはりダメだろうか?笑

しかし当然ながらスマホナビケースを取り付けると完全に映り込んでしまうのでやはりどちらかを移動するしか方法は無さそうです。

ちなみに当初ステムマウントではなくサクションカップマウントの使用を考えていましたが、CBR1000RRのカウル形状のせいなのか、タンクには上手く付ける事が出来ず諦めました。
それ以外でどうにか上手く使えないかといくつか固定できそうな所を探しましたが…

20160124-DSC_5498 20160124-DSC_5497 20160124-DSC_5495

頑張れば使えそうというレベルでこの三カ所くらい…
しかしサイドカウルは形状的に安定感が少なく、スイングアームも同じく厳しい。
アッパーカウルがギリギリ使えそうかなというくらいで、つまりサクションカップマウントは使い道がほぼ無い!
何かしらの工夫をすれば使えそうですけど、そもそも吸盤って信頼度0なので可能であれば物理的に固定出来る方法を取りたいです。

ネットに他の方がアップしている動画でありがちなフロントフォークの沈み込みが写るような画や、スイングアーム付近に固定しているのか足下が写っている画とか真似してみたいですが不安が拭いきれないので遠出ツーリングでは躊躇しています。

という訳で、結局バイクの形状に左右されず安定感を求めると固定位置はやはりここになる訳です。

20160124-DSC_5517 20160124-DSC_5519

ヘルメットマウント

自分は2カ所、顎先と側頭部にベースを貼付けてあるので両方使えますが、基本的には顎先につけて使っています。(ちょんまげだけは回避したい)
正直恥ずかしいので、出来る事ならばヘルメットマウントはしたくないのですが映り方としてはこれが一番かなと思っています。

ちなみに顎先につけるとこんな感じのアングルに

Untitled

良い感じに普通の画角になりますし、ツーリングの記録としては景色も映ってベストだと思います。
ネット等見て他の方のやり方をパクって良い位置を見つけられたらいいのですが、結局はヘルメットマウントであれば振動も拾わないですし、何より顔の向きを追従してくれるのが使い易いです。

動画を編集したりするスキルは持っていないので、基本的にはキャプチャを使ったり、後から自分で見て楽しむためだけの物ですが、こんな感じで4月以降の長距離ツーリングに備えて着々と準備が進んでいます。

 

ちなみに全く関係ありませんが、ブログを書く時いつもテレビを見ながら心ここに在らず状態で文章を書いているため内容がめちゃくちゃだったり繋がりがなかったりすると思いますが、書き終えたらやりきった感で確認もせずに投稿しているため、その辺はあしからず笑

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。