マフラー交換

2015/09/27

DSC_5008

マフラーを交換しました。
と言いましても純正マフラーに戻す事にしたのですが、これまで使用していた社外マフラーについて今回は書きたいと思います。

昨年春頃より使用していたマフラーは、
『Two Brothers Racing』製のM2カーボンサイレンサーというスリップオンを装着していました。
国内正規品はこちらの輸入代理店より購入できるようですが、私は米国仕様?のものにバッフルを装着していました。

こちらは公式の動画になりますが、音の印象としては実際のものに非常に近いです。動画より迫力がありボリュームも大きいですが音のタイプのイメージとしては参考になります。
海外ではCBR400シリーズは500シリーズとして販売されていますので、このマフラーもCBR500R用のものとなりますが、基本的にエンジンの排気量以外で差はないので取り付けに問題はありません。ただ性能を少しでも求める場合は燃調を弄ったり色々手間はかかると思います。私はそのまま使用していますが、特に問題は発生していません。

 

私はこのマフラーにパワーチップP1というエンドバッフルを装着していました。
Two Brothers Racingのマフラーを選んだ理由の一つがこのバッフルにあります。

これを装着すると音量が下がり低速のトルクも稼げる!…らしいです。
トルクはどうか分かりませんが、音量は間違いなく下がります。というかツーブラのマフラーはなにかしら付けないとそのままではとてもとても使用できません。
音は迫力があり好みなのですが、音量がとにかく大きすぎます。大きい音も気持ちいいですが周りの迷惑になるほどの爆音はさすがにやり過ぎかなと思うので、個人的には必須アイテムです。

カーボンタイプにレッドカラーのパワーチップとボルトを使用しており、このような感じになっていました。

DSC_5010

完全に自己満足の世界ですが、このワンポイントのレッドがすごくお洒落だな!と思い社外マフラーを選択する際に、悩んだ挙げ句これを選択しました。

 

更に今回音の参考として駐車場にて少し動画を撮影しましたので提供します。
このマフラーを購入候補にしているけど、情報が少ないので悩んでいる方の参考になればと思います。

純正マフラー


かなり静かです。静かなのは良いと思いますが、スカスカスカという軽い印象を受けます。
消音という目的の機能からすると高性能?なのかもしれませんが、原付より静かなんじゃないか?とさえ思います。私は最近では通勤がメインになってきているので今回は純正マフラーに戻すという選択をしました。

 

Two Brothers Racing


爆音?とまではいきませんが、結構いい音がします。
今回は高架下の駐車場にて撮影しましたので、大分音が反響していますが純正と同じ環境ですので動画同士の比較でイメージしていただければと思います。
純正と比べると大分重低音が響いて個人的には心地いいです!

ちなみに重要なマフラー自体の性能ですが、低回転時の粘りのようなものとトルクは若干薄れたのかな?という気はしますがその程度の変化でした。高回転時は明らかに抜けが良くなりアフターファイヤーでパンパン言ってます。音も相まって回すのが楽しくなります。結構な音量ですし400でもさすがに一般道で高回転を常用するような運転はできないので高速道路がメインになりますが結構気持ちいいです!!

 

おまけ:直管


駐車場でアクセル回すのを躊躇うほどうるさいです。
これよりうるさいハーレーおじさんや少年暴走族はたくさんいますが、マフラー付けてあの音量ってどんなマフラーなんですかね?ただの筒なんでしょうか?笑

 

という事で、今回はマフラーについて書きましたがあまり性能面など詳しい話が出来ませんでした。私自身これが初バイクであり比較対象も無いのでモヤっとした内容になってしまい申し訳ありません><

CBR500R用のTwoBrothersRacingのマフラーについて何か質問等ありましたら、コメントしていただければ出来る範囲で回答したいと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。